未分類

電力自由化とマンション一括受電の関係(デメリット)

投稿日:2014年12月26日 更新日:

「一括受電とは、マンション全体で電気をまとめ買いすることによって電気料金を削減するサービスです。」
これだけを聞けば、「導入しよう」と思うのが普通だと思います。

しかし、現時点で合理的に考えた場合「導入すべきではない」という結論になります。
なぜなら、導入した場合には、取り返しのつかない最悪の事態が発生する可能性があるからです。

ここでは、その結論に至ったデメリットを紹介します。メリットは、業者から挙げられていると思いますので…

デメリット

1.電力自由化されても各家庭で電力会社を選べない

現在、日本では大口の電力供給のみが自由化されていますが、2016年4月から家庭などへの電力供給も自由化される予定となっています。

その際、携帯電話会社が携帯と電気をセットで販売し割引、ガス会社がガスと電気をセットで販売し割引ということも考えられます。こうした割引が行われる場合、マンション一括で受電するよりも、個別に事業者と契約したほうがお得になる人もいるでしょう。

また、海外では自由化後に、再生可能エネルギーのみ販売する・原発で作られた電気を扱わないなどの特色を持った小売電力事業者も現れています。このような事業者が日本でも出てくる可能性は十分にあると思います。

事業者を自由に選べるというのは、とても重要なことです。

しかし、マンション全体で一括受電に切り替えると、各住戸が個別に小売事業者を選ぶことはできなくなり、家庭への電力供給が自由化された後も一括受電業者としか契約できません。

つまり、自由化が実施されると、現在のまま地域の電力会社と契約していれば各家庭で自由に小売事業者を選択できるようになりますが、一括受電を導入すると自由化が実施されてもその業者としか契約できず、「自由化されたのに自由に選べない。」状態になります。

2.マンションの価値の低下

1.の通り、自由化されたのに一括受電業者としか契約できないと、「電力会社を自由に選択できないマンション」として、マンションの価値の低下、つまり、家を売却する際の価格の低下などが起きることも考えられます。

一括受電業者は、一括受電に切り替えることによって、価値が上がるという真逆のことを言っていますが。

3.半永久的にその業者に縛られる

大体どの業者も契約期間は、10年から15年間ぐらいと長期になっています。また、契約期間中の中途解約には違約金がかかります。

契約期間満了後は更新するかの選択に迫られますが、一括受電の導入により、設備は一括受電業者の物に入れ替えられ、契約を更新しないとなると再び設備の入れ替えが必要になります。

この設備入れ替えの費用と違約金は、管理組合が支出することになります。

よって、実質的に地域の電力会社を選択することは不可能で、半永久的に一括受電業者からの電気しか使えないことになります。

まとめ

今、電気を取り巻く環境は急激に変化しています。

そのため、今、一括受電に切り替えるか決定することは時期尚早です。また、一括受電というサービスが始まって最初のうちに切り替えたマンションが、まだ契約更新を迎えていないことから、契約満了後のデメリットが表面化していないことも考えられます。

よって、電力自由化が行われて、その成果が確認されるまでの先送りが相当だと思います。

もし、一括受電に切り替える場合でも上記の通り、一度事業者を選ぶと一生の付き合いとなり、途中で簡単に変えることも止めることもできません。複数の業者をよく比較することが大切です。

※補足

この記事は、2014年12月時点での制度を元に執筆しています。経済産業省は、この問題を調査しているようですので、今後、制度改正が行われる可能性があります。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

【速報】Twitterでログイン出来ない障害が発生中

14時28分更新:Twitter社より、復旧したと発表されました。 13時39分更新:未だに不安定なので、ログインできた方はログアウトしないことを強くおすすめします。 13時06分更新:復旧したようで …

no image

LINEの乗っ取りに注意!

ここ数日、LINEのアカウントを乗っ取られ、LINEの友だちへ金銭を要求するメッセージを送信されるなどの被害が発生しているようなので調べてみました。 どのようにして乗っ取られるのか LINEには機種変 …

no image

【速報】iPhone 6 SIMフリー版の販売再開

本日3月31日、昨年12月9日より販売が休止されていた、SIMフリー版と呼ばれるSIMロックが掛かっていないiPhone 6・6 Plusの販売が再開されました。 以前までは、iPhone 6・6 P …

no image

Copyright(コピーライト)に正しい書き方なんてない!?

さっそくですが、このブログにもコピーライトをフッターに Copyright © 2014 kamitaku All Rights Reserved. と表記しています。が、本当にこの書き方でいいのだろ …

no image

【中学・高校】テストに出題されやすい時事問題(2015年9月27日更新)

中学・高校のテスト、また、入試などでは、時事問題が出されます。 そこで、筆者(高校生)のテスト勉強を兼ねて、出やすい時事問題を、出題されやすいポイントとともにまとめてみました。 今、常に出題されそうな …