IT 未分類

【速報】「Raspberry Pi 2」発売開始&本モデル用のWindows 10無償提供

投稿日:2015年2月2日 更新日:

35ドルのコンピュータとして話題を巻き起こしたRaspberry Pi

ここ1年ほどマイナーチェンジを繰り返していましたが、ついに今日、大幅なバージョンアップとなる『Raspberry Pi 2』が発売されました。

Raspberry Pi 2 on sale now at $35 | Raspberry Pi
http://www.raspberrypi.org/raspberry-pi-2-on-sale/

概要

企画元のラズベリーパイ財団のあるイギリス現地時間2月2日8時55分(日本時間17時55分)に更新された、財団のホームページによりますと、新しいモデルは以下の仕様のようです。

  • 価格は、35ドル。執筆時点の日本代理店価格(RSコンポーネンツ)で4291円(既存のモデルB+とほぼ同価格)
  • CPUは、900MHz quad-core ARM Cortex-A7 CPU (以前より最大6倍のパフォーマンス)
  • メモリは、前モデルの512MBの倍となる1GBのメモリを搭載

上記以外の点は概ね従来のModel B+と同じで、ケースも従来のものが使用できるということです。

Windows 10

また、マイクロソフトの協力の下、Raspberry Pi 2用のWindows 10が無償で提供される予定のようです。

マイクロソフトのホームページによりますと、今後数か月以内には詳細を発表できるだろうとのことです。

これはRaspberry Pi 2が、マイクロソフトの『モノのインターネットのためのWindows 開発者プログラム』の対象になったことによるものです。

Ubuntu

また、従来モデルのARMv6コアに替わりARMv7コアを採用したことによって、Ubuntuが起動できるようになりました。

従来モデルの扱い

モデルB及びB+の販売は、産業用に強い需要が見込まれるため当面の間続けていくとのことです。

モデルA+は、当分の間販売を続けていくが、年末までにRaspberry Pi 2 Model Aを発売する予定はないということです。

-IT, 未分類
-

執筆者:

関連記事

no image

spモードフィルタでURLがIPアドレスの場合、アクセス制限される問題

Raspberry Piをいじくっている時、Webサーバーにして家の外から見られるかなと思ってスマホで閲覧しようとしました。しかし、アクセス制限エラーが表示されアクセスできませんでした。もちろん、アク …

no image

トップレベルドメイン(TLD)一覧

ドメインハックなどにあったら便利かなと思ってまとめました。ドメインごとに登録要件が異なるのでご注意ください。基本的にドメインの分類と並び順はIANAに従っています。

no image

[Ubuntu]nginx+PHP(FPM)環境のアップデートでハマった話

こんにちは。お久しぶりです。 趣味でサーバー建ててる人なので、そこまでLinuxやパッケージ管理システムに詳しくない僕(日曜大工レベル)、もともとインストールされていたPHP7.0系からPHP7.2へ …

no image

【PHP】IPv6/IPv4のどちらでアクセスしているか判定して表示する

このブログは、開設当初からIPv6に対応していました。しかし、IPv6でアクセスしているのか確認する方法がありませんでした。 なので、 ブログのフッターにIPv6でアクセスしているか確認できる画像を追 …

ServersMan@VPSでPHPを動かすまで

ServersMan@VPSでPHPを動かすまでの手順です。VPSのプランは月467円(税抜)のエントリープランで、パッケージは、CentOS 6.3 (64bit)(手順中のyum updateによ …